タープ設営方法: クローズドA
クローズドA型
クローズドAは、Aフレームの発展バージョンとなる設営。
プライバシー性が高く、悪天候にも強い。
大人1〜2名が寝そべることが出来る広さがある。
開口部に足を向け、荷物も足元に置く。
その状態でグランドシートをまくりあげて荷物の上にかければ、雨の侵入も防ぎやすくなる。
設営時、高さの調整に慣れが必要だが、テントライクに使いたいユーザーにはオススメの設営方法です。
@
エバンスノットor クローブヒッチ でアンカーに固定。太い幹に細いロープだとクローブヒッチは利きにくいので注意。
A
トラッカーズヒッチでリッジラインを強く張る。ORIGAMI TARPは軽いので、550 Fire Cordくらいの細引きで3倍。たき火タープのように重たい場合は5mm以上の伸びにくいロープで5倍施工が最適。
B
トグルフリクションを使い、リッジラインにタープを固定する。
他社製タープの場合はダブルフィッシャーマンズノットで輪っかを自作しておき、
リッジラインに プルージック を施工し、トグルヒッチでタープ側のループと接続する方法が一般的。
C
地面に直接ペグダウンする。〇したポイントは二つのループをまとめてペグダウンしよう。
ペグを斜めに打つことで、ブッシュネイルのような細いペグがループから抜けてしまうのを防止できる。

森と生きる。
ただ、そこにある自然を楽しみたくて、森と生きる。ブッシュクラフトは、ナイフワークと、火おこしから始まる。