タープ設営方法: フラットリーンツー
フラットリーンツー
ポールでも、リッジラインでも簡単に設営ができる。
特にリッジラインの場合、ロープワークさえマスターしていれば何も考えず設営できるほどに簡単。
主に陽射し除けとするのが日本の環境では最適で、イスやテーブルと併せて使うシチュエーションも想像しやすい。
@
エバンスノットor クローブヒッチ でアンカーに固定。太い幹に細いロープだとクローブヒッチは利きにくいので注意。
A
トラッカーズヒッチでリッジラインを強く張る。ORIGAMI TARPは軽いので、550 Fire Cordくらいの細引きで3倍。たき火タープのように重たい場合は5mm以上の伸びにくいロープで5倍施工が最適。
B
トグルフリクションを使い、リッジラインにタープを固定する。
他社製タープの場合はダブルフィッシャーマンズノットで輪っかを自作しておき、
リッジラインに プルージック を施工し、トグルヒッチでタープ側のループと接続する方法が一般的。
C
地面に直接ペグダウンする。
D
エバンスノットでタープにガイラインを結びつけ、適当な棒(現地調達の他、トレッキングポール等でもOK)を介して水平より上方向に吊り上げて空間を広げる。張り具合はトートラインヒッチで。

森と生きる。
ただ、そこにある自然を楽しみたくて、森と生きる。ブッシュクラフトは、ナイフワークと、火おこしから始まる。